「自由」「平等」「博愛」という虚実/自由は不自由さの中にある

社会
社会

「自由」「平等」「博愛」という三つの概念はフランス革命によって世界に広まったとされています。そして、現在でもこれらの三つの概念は様々な活動のスローガンとして用いられています。

様々な活動の結果、私たちは「自由」「平等」「博愛」が実現されている世界で生きていることが出来ているのでしょうか。その答えは「No」だと私は思います。

むしろ「不自由さ」「不平等さ」というものを感じている人たちの方が多く存在しているのではないでしょうか。それもそのはずで、これら「自由」「平等」「博愛」は絶対に実現することが出来ない概念だからなのです。

自由ということ

「自由」というものは、自分が「自由」になりたいなと思い行動した時、実は周りの誰かから「自由」を奪うことで自分が「自由」になれていると感じる。

例えば、自分は国が決めたルールなんて関係なしに自由にビジネスがしたいんだと主張すれば、ルールを守ってビジネスをしている人たちに迷惑をかけるだけでなく大きな損害を与える危険性すらあります。

このように私たちは無人島で自分一人で生きていくというような極端なことをしない限り、必ず誰かと関わりを持って生きていかないといけないため、自由になることはほとんど無理と言って良いと思います。

平等ということ

「平等」を主張することは、「自由」を主張することよりさらに厄介です。これまでの歴史では、平等を求めて戦争が行われ、またある時は革命という言葉によって既存の体制が転覆させられることが幾度となく発生しています。しかし、決してこれらによって平等な社会は実現はせず、むしろ格差といったものが生まれる要因になっています。

国家レベルより小さな社会やコミュニティにおいても「平等」を主張し強制させることは、必ずそれに合わせたり強要されたりする被害者が生まれることになります。例えば、学校教育において、授業内容を出来る人に合わせれば出来ない人にとっては授業は無意味なものになってしまいますし、出来ない人に合わせたとしたら出来る人にとっては授業は不満を感じることになるでしょう。

博愛ということ

「博愛」の意味は広く平等に愛することとありますが、これに至っては現実を何も理解していない人達の単なるたわごとにしか思えません。「博愛」という言葉を好んで使用する人たちは少ないように思いますが、さすがに「博愛」を主張する人がいたら胡散臭さを感じてしまうかもしれません。

まとめ

「自由」「平等」「博愛」はなんとなくの聞こえは良いため、スローガンとして掲げるにはもってこいの言葉だと思います。しかし、少し考えれば「自由」「平等」「博愛」という概念はまやかしであり、実現不可能なことだとすぐに気がつくはずです。少なくとも私は、これらの言葉を使う人たちを決して信じること出来ないし、関わりを持つことすら嫌かもしれません。

そして、これからの現代社会では、こうした言葉の表面的な側面だけをなんとなく捉えるのではなく、精神性を伴った内面的な観点から様々なことを感じ取っていくことがより重要になってくると思います。

私は「自由」とは物質欲や支配欲といった自分を縛る様々な欲に流されず、自分の本当の意思で行動出来ている状態を言うのではないかと考えています。欲に支配されない行動は、社会ルールを守り、その中で本当の自分の個性を生かした行動がとれるのではないかと思います。

「平等」とは、各個人が持っている個性の価値が平等であるということであり、同じ個性を持っている人間は世界中探しても誰もいません。一卵性双生児でさえも個性は違うのですから、それほど個性とは貴重であり、一人一人の個性を尊重出来ることが「平等」であり、「博愛」ということなのだと私は考えています。

私はこれからの現代社会では、表面上の言葉だけでなく、精神面を伴った内面的な教育が必要になってくるのではないかと思います。そして、自分の子供にも表面だけでなく心を伴った教育をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました