【社会】これからの現代社会に必要のないもの~オールドメディアの衰退~

社会
社会

これからの現代社会では、テレビをはじめとした新聞・雑誌・ラジオなどのオールドメディアは衰退していくことになると思います。このことは、私が言うまでもなくすでに衰退は始まっており、それを肌で感じている人も多いのではないでしょうか。

面白くなくなったコンテンツ

私はテレビはほとんど見ませんし、新聞も取っていません。週間雑誌に至っては低俗なだけで見るべき内容などは特にありません。そして、私だけでなく子供達にとっての娯楽としてテレビは必要はなく、今はYOUTUBEに代表される動画コンテンツにすでに移行されています。

その理由として一番に挙げられるのは単純にテレビ番組などのコンテンツが「面白くない」からなのだと思います。

ゴールデンタイムでは芸をしなくなった芸人が茶化しあっているだけの番組ばかりで、見ていて面白いと思えるものはほとんどなくなってしまいました。そして、ニュース番組やワイドショーなどでも芸人がコメンテイターとして発言する姿は面白くないだけでなく不快感さえ感じられることさえあります。

すでに昔ながらのスタイルに頼った番組は飽きられており、終焉を迎えていると言って良いのだと思います。

プロパガンダ機関としてのオールドメディア

2021年1月にバイデンさんがアメリカ大統領として選出され一段落を向かえたように思われるアメリカ大統領選挙でしたが、この期間に見えてきたものはとても多くのことがあったように思います。その一つがあからさまなバイデン候補者に有利な偏向報道だったのではないでしょうか。

私たちは日本人ですので、アメリカ大統領選挙の選挙権は持っていません。このため、日本のマスメディアが私たち日本人に対してどのような報道をしたとしても選挙結果に影響を与えることはほとんど無いといって良いでしょう。

そうであるにも関わらず、日本のテレビをはじめとしたオールドメディアはなぜかバイデン候補者にだけ肩入れし、トランプ大統領のことはまるで悪者かのような印象を与えてきます。なぜ、バイデン候補者だけに肩入れするのでしょうか?

国民の多くはメディアやマスコミというものは、公平公正であり基本的に嘘はつかないと思っているかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。テレビをはじめとしたマスコミのほとんどの機関は特定の団体や組織、人々に有利になるようにプロパガンダを流しているに過ぎないのです。

マスコミの本質はジャーナリズムではなくビジネスである

バイデン候補に有利な放送をするということは、バイデン候補者側の団体や組織がビジネスパートナーであるということです。バイデン候補者側の人たちがどのような存在なのかはここでは述べませんが、テレビを見ている限りは気持ちが良いものでは無いことだけは確かなことだと言えるのではないでしょうか。

大手マスコミは印象操作や時にはフェイクニュースを利用し私たちを誘導・洗脳してきたことは今に始まったことではありません。これだけ情報があふれる時代になってきていますが、そのことが逆に真実は何かということを非常にわかりにくくさせているのかもしれません。

ニューメディアの役割と今後の展望

これまで述べてきたオールドメディアに対してニューメディアとはネットに代表される情報伝達媒体のことです。

現在では、このネットなどのニューメディアから、自分である程度の情報を入手することが出来るようになってきています。

しかし、ネットニュースだからとって大手マスコミが関わっているサイトが流すニュースには偏ったものが多く存在するため、そのバイアスを取り除きどのニュースが真実(ファクト)なのかを自らが考える思考能力が求められるようになります。

そうしたバイアスを除くことが出来れば、真実を発信し続けている方々の情報にたどり着くことが誰でも出来るようになっています。そして、真実を知り世の中にありふれている様々な情報に対して疑問を持つことが出来るようになることが、これからの私たちに求められることなのだと思います。

現在のところ真実を発信し続けることが出来ているのはニューメディアだけのように思えます。そのため、今後も情報社会はニューメディアを中心として広がっていくことになると思います。そうした時に求められるようになるのが、真実(ファクト)は何なのかということを自らが考える思考能力なのだと思います。

まとめ

フェイクニュースやプロパガンダの垂れ流しによって、オールドメディアというものに対してうんざりしている人たちは増えてきているのが実情だと思います。しかし、そのうんざりした感情やオールドメディアから入手する情報に対して違和感を感じることが出来るのは、その人の持っている感性であったり精神性が重要になってくるのではないかと思います。

もしかすると思った以上に早いスピード感でオールドメディアは衰退するかもしれません。それは現代社会が新しい時代に突入する合図なのかもしれないのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました