【ブログ】公約を大事にすること ~東京都知事選 2020/7/5~

ブログ
ブログ

東京都知事選挙が7/5に行われます。日本の首都である東京のトップを決める選挙であるため、東京都だけでなく日本にとっても大切な選挙になります。

選挙にとって最も大切なものは「公約」です。

候補者たちは選挙権を持っている市民たちに対して公約という形で約束を行います。その公約を守るということを前提として投票してもらいうのが選挙というものになります。有名人やメディアの露出が沢山ある人がなんとなく雰囲気で当選してしまうということはよくあることですが、そうであっても公約というものは必ず存在します。

つまり、公約無くして選挙に立候補している人はいないのです。

例え人気があったとしても私たちはその人が掲げる公約を見て、投票するかどうかを決めなければなりません。そして、その人が当選したからには、その人が掲げた公約を実行しているかどうかを私たちは確認する必要があります。公約を守って実行に移していることは当たり前のことであり、それがどれだけ実現できているかどうかが政治家としての力量を見る指標の一つとなります。頑張っているかどうかを雰囲気ではなく、結果として見ていくことが私たちに求められることになります。

それでは、現職の小池都知事はどのような公約を掲げて都知事に当選したのでしょうか。小池さんは「7つのゼロ」として、

  • 待機児童ゼロ
  • 介護離職ゼロ
  • 残業ゼロ
  • 都道電柱ゼロ
  • 満員電車ゼロ
  • 多摩格差ゼロ
  • ペット殺処分ゼロ

を公約として掲げて当選しました。これらの公約が良いか悪いかは置いといて、東京都民はこれらを実行に移してもらいと思い小池さんを東京都知事に当選させたということになります。

私は東京都民ではないので、これらについて何かを言う権利は無いのですが、やるべきことはもう少し他にあるんじゃないかなと思うところはあります・・・

小池さんは次期都知事にも立候補していますが、まずはこれらの公約についてしっかりと検証をした上で次期都知事として投票するかどうかを判断することが必要になると思います。それでは、他の候補者の公約を見ながら東京都知事選について、どうなっていくのか興味を持ってみていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました