【お金の話】お金の価値とは何なのか?~通貨制度の歴史から読み解いていく~

お金の話
お金の話

お金の価値は何なのかということを考えるのは実はとても難しいことです。

現代では当たり前のように使っていますが、お金というものについて考えたり疑問を持つ機会はほとんどないのではないかと思います。

私はお金って昔は金(きん)や銀だったということぐらいしか知りませんでした。現代のお金について学んでいくには、その背景となる歴史を知っておくことはとても大切なことです。それでは、今回はお金を流通させる仕組みである通貨制度について時代に沿いながら見て行きたいと思います。

通貨制度の歴史

金本位制度の確立(1816年)

金本位制度を世界ではじめて採用したのがイギリスです。 その当時の交換比率は1オンス(31g)=3.17ポンドでした。

イギリスが金本位制度を確立したのは、産業革命によって大量生産出来るようになった商品を他国に売りたいというのが目的だと言われています。他国に売りたいけど他国の通貨価値が信用できないとなった時、世界共通で価値のある金(きん)との交換を保障することで安心して取引出来るというわけです。そのためイギリスは他国にも金本位制度を広めていこうとします。他国もイギリスの商品は魅力的でしたので、金本位制を受け入れ徐々に広まっていくこととなりました。

日本の金本位制の導入

日本では江戸時代は貨幣は金貨、銀貨、銅貨が流通し、貨幣そのものに価値がありました。日本でも明治政府となって、1871年に新貨として1円=1両として「円」が制定されました。この当時は金だけが「円」の交換対象だはでなく、銀や銅も対象とされていましたが、1897年に金本位制を導入することで、「円」の交換対象は「金」だけとなったのです。

金本位制の終焉

イギリスを中心とした金本位制は第1次世界大戦を引き金に終焉を向かえます。戦争によって対外責務が膨らみ大量の金が必要となったため、通貨との交換をストップせざるをえなかったのです。イギリスを含む各国は金本位制を中断し、通貨の発行量を通貨当局(中央銀行)が管理する「管理通貨制度」に移行していきます。こうしてイギリスと中心とした金本位制は100年たらずで終わりを向かえることとなりました。

日本でも1931年に通貨管理制度に移行し、これによって日本紙幣から「金貨引き換え」の文言がなくなりました。金という有形資産と交換できなくなったということは、紙幣が単なる紙切れになったということであり、紙幣だけでは何の価値を持たないということなのです。紙幣は政府の「信用」という目には見えないものによって支えられ、これまで通り通貨として流通していったのです。

管理通貨制度とは

管理通貨制度では金保有量に関係なく通貨の発行量を通貨当局が調整することが出来ます。通貨の発行量は、物価の安定、経済成長、雇用の改善、国際収支の安定などを見ながら政府が調整していきます。

つまり、政府が必要だと思えばいくらでも通貨を発行できるのです。日本でも戦時中は莫大な軍事費を必要としたため、大量のお金を発行しました。これによって戦時中はまだ耐えていたのですが、敗戦とともに戦後に極端なインフレーション(インフレ)を起こすきっかけになりました。

経済活動ではゆるやかなインフレが健全な姿であり、いわゆる景気が良いという状態になります。景気が良い状態では企業が好調で国民の給料は上がり、それによって消費が伸び物価もそれに伴って物価も上がっていきます。そして、消費と物価が上昇していけば企業もその分だけ業績は伸びていくという好循環を生み出していきます。

しかし急激なインフレは、国民の給料は上がらないまま物価だけが上がる状態になります。こうなってくると国民は生活をすることは出来ず、経済そのものが破たんすることになります。戦後の日本は軍事費として大量のお金を発行したことに加え物資そのものの不足によって何百倍ともいわれるインフレを起こしたのです。

繰り返しになりますが、管理通貨制度では政府はお金を自由に発行することが出来ます。政府がお金を発行し市場に投入するとその分だけ市場に流通するお金は増えるため、経済はインフレ傾向になります。インフレ傾向が強くなりすぎたら、今度は税金という形で市場からお金を戻していけば良いのです。

つまり、政府は市場の状況を見ながら流通するお金の量を調整するという大事な役割を持っているのです。現在の日本はデフレの状況下にあるため、本来であれば政府は市場に流通するお金の量を増やさないといけないという状態にあるということなのです。

アメリカによる金本位制(ブレトン・ウッズ協定)

第2次世界大戦後の復興に向け、貿易を促進していくために金本位制を再構築していくこととなります。そこで中心となったのがその当時最も力を持っていた国であるアメリカでした。戦前の金本位制と違う点は、米ドルと金の交換比率を固定した上で他国通貨との交換比率を固定するという方法でした。これによって米ドルが世界の基軸通貨となったのです。

日本円は1ドル=360円で固定されることになりました。これは1945年時点では1ドル=15円でしたのでかなりの円安でした。15円が300円になるということは日本の持っていた資産価値が20分の1以下になったということであり、日本は超貧乏になったということでもあります。しかし皮肉なことに、この超円安が背景となり戦後の日本の高度経済成長にとって追い風となっていったのです。

金本位制の終わり(ニクソンショック)

アメリカを中心とした金本位制も長くは続かず、1971年にニクソン大統領が米ドルの金との交換を停止すると宣言したのです。その当時のアメリは財政・貿易赤字の拡大によって大量の米ドルが海外に流出してしまったため、米ドルと金の交換を保障することが出来なくなってしまったのです。

これによって各国は再び管理通貨制度への移行を余儀なくされ、1976年には各国での通貨交換を変動制にすることが国際会議で承認され、金が通貨として価値を持つ時代は終わりを向かえることになりました。こうして、現代に至る通貨制度の仕組みが出来たのです。

まとめ

現在の通貨制度は1976年に制定されており、まだ歴史としては50年も経っていない浅い制度です。つまり、現在の通貨制度は今後変わっていく可能性は十分にあるということなのだと思います。お金とはその時代によって変化していく生き物であり、またその姿形も様々です。金や現金の有形なものから、銀行通帳に記載された預金残高という数字もお金の一種です。また、今後流通する可能性のある仮想通貨もお金の一種です。

お金とはまさに人がつくり出した創造の産物ですので、お金そのものに実は価値なんてものは無いのだと思います。大事なことは私たちがいかに幸せに暮らせるか、そのためにお金がどうあるのが良いのかということを考えていくことなのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました