【雑考】自由な発想し自分らしく行動するためのコツ

ブログ
ブログ

自分は頭が固いなって思うことは無いですか?

自由な発想を身につけるというのはとても難しいことだと思います。ましてや40歳を過ぎてしまうと守りに入ってしまい、新しいことに挑戦してみようと思ってもなかなか行動することが出来ないものです。固定観念にとらわれてしまし、意固地になってなかなか自分の意見を変えることは難しいものですし、あきらめている人達も多いのではないかと思います。

ではどうやったら、発想を変えたりしながら行動していくことが出来るのでしょうか。

物理空間と情報空間

少し話が変わりますが、私たちが暮らしている空間には、物理空間と情報空間の2つが存在しています。物理空間とは「寒い、熱い、痛い」など自分の五感によって感じられる現実世界のことです。一方、情報空間とは人間の心が生み出している世界のことです。そして、私たちの考えや思想をつくりだしているのは、物理空間ではなく情報空間によるものです。

つまり、自分の考えを変えるためには自分が持っている情報そのものを変えていく必要があります。その情報を変えていくための一番効果的な方法は「読書」です。

読書で知識を得るということ

世の中の成功している人は読書家の人が多いですし、また彼らは読書を進めます。本を読むということの本質は、知識を得ることが出来るということです。ここで一番大事なことは「情報」と「知識」は違うものだということを理解することです。簡単に説明すると、「情報」とは何らかの表現(文字、図)を通じて伝えられる内容であり、「知識」とは情報や経験を通じて得られる理解になります。

読書で知識を得るということは、それまでは単なる情報であったものが新しい情報である知識に変わります。これによって自分の考えは自然と変わっていきます。

情報を知識に変えるため行動する

テレビやネットニュースなどを見たり、ながめていれば情報は入ってくるかもしれませんが、それは知識とはいえないものです。単なる情報だけでは自分が持っている情報を更新することは出来ず、知識として自分に吸収することではじめて意味を成してきます。そして、情報を知識に変える一番手っ取り早い方法が行動するということです。

行動するということは経験するということです。経験するということで頭で考えている以上に理解することが出来ます。まさに百聞は一見にしかずということわざの通り、行動し経験を得るということは最も効果的な知識を得ていく方法なのです。そして行動による知識を得ていく方法の一つとして、考えていることと反対の行動をとっていくというやり方があります。

考えていることと反対の行動をとる

もし、おしゃれでカッコよくなりたいなと思ったとき、どんな行動を行いますか?

いつものお気に入りのお店で、お気に入りのブランド品の服を買おうかなと思うかもしれません。なぜ、そのブランド品がカッコよいと思うのでしょうか。フォルムが好き、好きな芸能人がきているから、多くの人がカッコよいといっているから、今年のトレンドだから、なんとなく好きだから、などいくつか理由はあるかもしれません。

そして、そのカッコよいと思ってしまう理由のもととなる情報がどこかに存在しているはずです。もしかしたら、他に自分に似合う服は存在しているかもしれないのに、その情報に縛られているためにそうした発想をすることが出来ずにいるかもしれません。こうした自分の考えを変え行動していくためには、自分が考えたことと反対の行動をとり、少しずつ自分を縛っている情報を新しくしていくことが一番効果的な方法になります。反対の行動といってもそんなに難しく考える必要はありません。

もし、ブランド品が欲しいと思ったのなら、ブランド品でない服を探してみましょう。もし、自分はブランド品は似合わないと思っているのなら、思い切ってブランド品の服を買ってみましょう。そうすると、いつもの自分とは違う不思議な感覚になると思います。思ったより似合っているなと思うと何か嬉しくなってくるのではないでしょうか。

もう一つ例を挙げるとすると、嫌いだなと思っている人がいたとします。

いつもは挨拶などはしないのですが、突然でも良いのでふと挨拶をしてみましょう。そうすると、相手の自分への反応は変わってくるかもしれません。もしかしたらこれをきっかけとして、徐々に話をするようになり仲良くなるかもしれません。自分が嫌だなと思っていることは相手にも伝わるものです。こちらの態度が少し変わるだけでも、相手はとても多くのことを感じ取るかもしれません。例え何も変化がなかったとしても損するわけではないので、それだけのことだったということで済ませばよいと思います。

このように逆の行動をとり情報や知識をどんどん新しくしていくことで、今までの自分の価値観や固定観念から徐々に開放され、自由な発想が出来るようになっていくのではないかと思います。。

まとめ

現代では、技術や社会の進歩は目まぐるしく10年一昔といってよいほど10年前の考え方は通用しなくなってきています。スマホはこの10年で当たり前のモノとなりました。デジタル機器の進歩はより加速し、私たちはますます情報空間の世界の中で生きていかないといけなくなっています。

そうした中、自由な発想を行い自分らしく生きていくためのコツとして大事なことは、読書と行動です。特に行動は普段の自分とは反対のことをあえてしてみるということで新しい知識を得る有効な手段となります。

自分は古いタイプだという言い訳をせずに、まずは行動してみるということはとても有意義なことだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました