【十二国記】ひとりの少女の自立の物語~現代社会に必要なこと~

文化
文化

十二国記とは中国風の異世界を舞台としたファンタジー小説シリーズです。小説のほかにアニメやドラマCDなどでもメディア展開も行っています。内容自体はまだ完結しておらず、2019年に最新作の「白銀の墟 玄の月」が発売されたばかりになります。

十二国記シリーズの「月の影 影の海」では主人公となった中嶋陽子が自立していく姿が描かれています。十二国記は単なる小説やアニメだけでなく、これからを生きていく私たちに大事なメッセージを与えてくれる作品でもあります。ひとりの少女である陽子がどのようにして自立をすることが出来たのでしょうか。作品中の名言を引用しながら十二国記で伝えたかったことについて考えていきたい思います。

十二国記の世界観

十二国記の世界は、現代の日本と隣りあう中国風の異世界を舞台とします。十二国記の世界では十二の国が存在し、各国は天の意志を受けた麒麟によって選ばれた王様によって統治されます。そして王は天が定めた決まりに従って統治を行います。

十二国記の世界は日本とは完全に遮断されている訳でなく、「蝕(しょく)」と呼ばれる天災によって人々の行き来があります。このため、本来は十二国記の世界で生まれるべきだった人が日本で生まれたり(胎果)、日本で生まれた人が十二国記の世界に流されたり(海客)といったことが発生してしまいます。主人公の陽子は胎果の生まれであるため、陽子の人生は十二国記の世界の理によって左右されてしまいます。

そして、陽子は慶(景)という国の麒麟によって王に選ばれます。このことは自分が望む望まないに関わらず天の意志として受け入れないといけず、こうして陽子の物語は始まっていきます。

ひとりの少女の自立を描いた物語

日本の高校生として過ごしていた時は、いわゆる良い子として学級委員長をやらされるようなタイプでした。そして常に周囲の目を気にし、そして気をつかいながら生きていく普通の女の子でした。物語はそんなどこにでもいる女の子に突然訪れます。訳もわからず猛獣に襲われた後、景麒と呼ばれる麒麟によって異世界に連れていかれます。

異世界に連れていかれた後は景麒とはぐれてしまい、そのため自分がなぜこの世界に連れてこられたかなど理解する間もなく、一人で生きのびていかないといけない状態になります。その道中では、猛獣から逃げまどうだけでなく人々からの裏切りなどで人間不信に陥り、ついには生き倒れてしまいます。

行き倒れた陽子は楽俊という半獣に助けられました。そこから陽子は大きく変わっていきます。

楽俊という存在

楽俊はネズミと人間の両方の姿を持っている半獣という存在として登場します。半獣は、半獣であるということだけで差別や迫害を受けたりしてしまいます。楽俊も半獣であるということだけで差別され、大きな学校には進むことは出来ず人里離れたところに母親と住んでいます。

楽俊はこういった自分の状況に嘆くことなく親孝行であり、勉学にもあきらめること無く励んでいます。なぜ楽俊がこうした状況でも前向きに生きてこれたのかというと、それは楽俊が一人の人間として自立していたからではないかと思います。楽俊は自分のやるべきことをやっているため、自分の境遇や生まれに後悔することはなく、そして次に自分が何をしないといけないのかがわかっているのだと思います。

物語の中で陽子は慶という国の王様であることが判明します。しかし、陽子は王様になることに自信がなく、出来れば自分がもといた日本に戻りたいとも思います。そうして自分がどちらを選んだら良いのかわからず悩みます。そうした時に楽俊が次のような言葉をかけます。

あのなあ、陽子。どっちを選んでいいかわからないときは、自分がやるべき方を選んでおくんだ。そういう時はどっちを選んでも必ずあとで後悔する。同じ後悔をするなら、少しでも軽い方が良いだろ。やるべき事を選んでおけば、やるべき事を放棄しなかったぶんだけ後悔が少なくて済む。

この言葉が楽俊の考えの根底あるのだと思います。こうした自立した考えを持つ人と一緒にいると気持ちが良く、どんどん前向きになっていけます。そして陽子の閉ざしていた心を開くきっかけになっていったのだと思います。

なぜひとりの少女が変わり自立できたのか

陽子は楽俊という存在を得て変わるきっかけを得ることが出来ました。ただし、楽俊のおかげだけで陽子が変わることができたかというと、それだけではありません。陽子と楽俊は旅の途中ではぐれてしまいます。そこで、陽子は楽俊がこれまで出会った人と同じように楽俊が裏切るのではないかと恐れます。

そこで、陽子は自分の中の心と葛藤し(物語の中ではサルとして擬人化されています)、次のことに気がつきます。

私を助けてくれたことは善意でなくてもよかったんだ。私を助けてくれたことに変わりはない。裏切られたっていいんだ。裏切ったって裏切ったやつが卑怯になるだけだ。

相手が優しくしてくれなければ優しく出来ないのか。私が人を信じることと、相手が私を裏切ることは何も関係がないんだ。

私は一人だ。だから私のことは私が決める。私は優しくしたいから優しくするんだ。信じたいから信じるんだ。

これらのことに気付くことが出来たことで陽子は大きく変わります。自分の考えで行動し責任をもつ。そこに他人は関係はしないということ。こうしたことに気がつき自分を変えていくのは、やはり自分の意志が大事なのだと思います。

陽子は楽俊とは関係なく、自分で変わりたいと強く思ったので変われたのだと思います。

自立したのちの答え~礼とは何か~

陽子は長い旅を続けた後、慶国の王になることを決めます。そして自分の国を治める一番重要な約束事(本作中では初勅という表現をしています)として「伏礼を廃止する」ことを取り決めました。

十二国記の世界では、身分というものは絶対的なものとして存在しています。日本でもこれまでに身分制度は存在しており、現代でも上司と部下といったように上下関係は存在し続けています。社会を形成する上でこのような上下関係はある程度は必要なことだと思います。

伏礼とはこのような上下関係を形で表現したようなもので、ひざをつき頭をつけ礼をしたような形を強要する行為のことです。陽子は周りの反対を押し切りこの伏礼を廃止することを決めました。「伏礼を廃止する」と述べた後の陽子の言葉が次のように続きます。

人は真実相手に感謝し、心から尊敬の念を感じたときは、自然と頭が下がるものだ。

礼とは心の中をあらわすためのもので、形によって心を量るものではないだろう。

「礼」とはつくられた上下関係を示すものではないということ。お互いに自立した人間関係であれば、無理やり上下関係をつくらなくても心から感謝をすれば自然と「礼」を行うものである。私たちは常に真実を見失わない心を鍛え、お互いに礼をし、されるような人物を目指さないといけないんだというメッセージが強く込められているのだと思います。

「礼」とは形式的なものではなく、自分の心を表す人間関係を築くうえで最も重要なものであるというメッセージが強く込められているのだと思います。

まとめ

十二国記は使われている用語や世界観は難しく、一度見ただけではわかりにくい部分があります。しかし、何度か読み返していくうちに、その美しい世界観や人物などにどっぷりはまってしまいます。

そして見終わった後には、私たちがこれからの現代社会を生きていく上で「自立すること」「礼節」を大切にしていかないといけないということに気づけさせてくれるのではないかと思います。まだ見たことが無いという人には、是非見て頂きたい作品の一つだと思います。

タイトルとURLをコピーしました