【ブログ】シングルファザーの子育てに大切なこと~時代を生き抜く力~

ブログ
ブログ

はやいものでシングルファザーとしての生活が始まってもう2年が経ちました。

両親や周りの人たちの助けのおかげで何とかやってこれましたが、ひたすら我慢の連続であり私の人生の中でもかなりしんどい時期でした。その反面、しんどかったことに変わりはありませんが、こどもの成長をより近くで見ることが出来たことは良かったのかなとも思っています。

今は新型コロナウイルスの影響で世界規模での外出を控えるなどの自粛モードの最中であり、ひとり親の家庭にかかる負荷はより大きなものとなっています。今は耐えるしかありませんが、本当に大変なのは経済的な打撃を受けたこの後に訪れる変化ではないかと思います。リモートワークやテレワークなどの働き方が変わるだけでなく、必要な職業・不要な職業の改廃が大きく進んでいくのではないかと感じます。

もしかしたら職を失ったり変わることを余儀なくされる人達がたくさん出てくるかもしれません。当事者になってしまった人たちにとっては、とても辛く苦しいことであることになると思います。

しかし、社会全体で考えるとこれは逆に良いことではないかなと思います。少しきつく無責任に感じる言い方かもしれませんが、不要なものは不要なのだと思います。遅かれ早かれ不要なものは廃れていくものですので、それが早いか遅いかの違いに過ぎず、それが早くにわかったということは本人にとって良いことなのではないでしょうか。

重要なのはその困難に直面した時に立ち向かっていける力を持っているかだと思います。

私が学生の時は終身雇用が当たり前の考え方でしたので、一つの会社の中でいかに昇進していくのかということが重要でした。自分の人生設計で、いつまでには係長になって、そのあと課長にはこのころまでにはなりたいなと考えていました。社会人になりたてのころは友人と「サラリーマンになったからには社長まで昇進するぞ」と言い合っていたのは良い思い出です。

日本が誇る大企業であるトヨタ自動車でさえ「もう終身雇用を守っていくことは出来ない」と言うぐらいですので、今後は一つの会社で最後まで働き切ることはほとんどなくなるのかもしれません。若い人たちにとっては、その考え方を前提として行動していくべきなのかもしれません。私はシングルファザーになって自宅を売却し、ある意味身軽になりました。もう働く場所や住む場所にさえ縛られなくなっています。

子供にとって母親という絶対的に安心できる存在がいないことは可哀想なことだと思いますが、父親として子供に与えてあげられるものはたくさんあると思っています。シングルファザーとしての子育ては、どうしても男性よりの子育てになってしまいます。そして私はそれで良いと思っています。子供にこれからの時代を力強く生き抜いていく力を身につけさせてあげることが、シングルファザーにとっての子育てに一番大事なものではないかと思います。

そして、子供だけでなく自分自身もこれからの時代を生き抜いていくための力を日々身につけていかないといけないのだと思います。子供にはそんな父親の後ろ姿を見せられたら最高だなと思います。

タイトルとURLをコピーしました