【ブログ】まさかの株価大暴落~私たちはこれからどうしていくべきか~

ブログ
ブログ

株価大暴落!

連日、ニュースでも報道されているように新型コロナウィルスの影響で株価が連日下がり続けています。

3月18日時点では日経平均は17000円を下回り、2~3週間という短い期間で約30%も値段が下がったことになります。この下げ幅は過去30年間を見ても、一番の下がり方になります(下図参照)。

日経平均株価の推移(縦軸は円)

日経平均株価の推移(縦軸は円)

日本の株価の歴史を見たときに大幅な下落は過去30年間だといくつか経験してきていますが、影響が大きかったものとしては「2000年のITバブル崩壊」と「2008年のリーマンショック」があります。

私は2000年のITバブル崩壊はあまり記憶がないのですが、2008年のリーマンショックは会社生活も大きく変わったのでよく覚えています。会社の業績が一気に悪化し、派遣社員の方々は契約を打ち切られ、私たちも残業は規制(基本ゼロ)され、不安な気持ちで日々過ごしていたのを覚えています。

それから株価は2012年までは1万円台を下回ったままでしたが、そのあとは2015年頃に中国株価が暴落した影響で一旦値を下げましたが徐々に上昇をしてきました。2019年は株価は24000円を上回るなどして比較的好調な年でした。

そんな中、去年の末からお金の勉強として株式投資を始めました。貯金でお金を眠らしているよりかはましかなと思い、まずは「株主優待」と「配当金」狙いで株式投資を始めました。

それにしても、いきなり大暴落するとは・・・汗

もう少し順調な期間が続きゆっくりと株式について勉強したかったのに・・・てなことで、ショックという気持ちはもちろんありますが、その反面として貴重な体験だなっていう気持ちもあります。

これは、株式やお金について勉強を始めたことで部外者としての意識が無くなったからだと思います。ま~私の場合、金額もそんなに大きな額ではなかったので、平静な気持ちでいることが出来ているのだとと思います。ポジティブに考えれば、ある意味始める時期としてちょうど良かったのかなと思います。

今回のコロナウィルスによる影響で株価は大幅に下げていますが、私たちの生活にすぐに影響が出るわけではありません(自宅待機などの影響はありますが)。実体のある経済に影響が出始めるのは、これからになってくると思います。

これから私たちの生活はこれからどうなるんだと、当然不安な気持ちになってしまいます。正直、私も不安な気持ちでいっぱいです。そんな時だからこそ、私達はお金についてしっかりと勉強していき、知恵や知識を身につけていくべきだと思います。社会で何が起こっているのか、誰が何をしようとしているのか、冷静に自分で考えられるようになれば不安は少しずつ薄れていくのではないかと思います。

これからのことは誰にもわからないというのが本当のところだと思います。もしかしたら、今回の新型コロナウィルスの影響で金融や経済のシステムが大きく変わるかもしれません。そのぐらいのインパクトが今回の出来事にはあるような気がします。

タイトルとURLをコピーしました