【メンタル疾患の正しい知識】適応障害、双極性障害は「うつ病」ではないの?

メンタル疾患
メンタル疾患

現代では精神疾患といえば「うつ病」というぐらい、言葉として認知されてきていますが、双極性障害や適応障害というとあまり聞きなれないという方は多いと思います。

わたしも、さまざまな精神疾患を総称してうつ病というのだと思っていましたが、うつ病は精神疾患の中の一つでしかありません。適応障害や双極性障害はうつ病と似たような症状を発症しますが、うつ病とは異なる病気に分類されます。

今回は、精神疾患の中のうつ病・適応障害・双極性障害のちがいについてまとめてみたいと思います。

それぞれの障害の概要

うつ病

具体的な症状

日常の中で嫌なことや悲しいことがあると、気分が沈んだりやる気がなくなったりすることがあります。うつ病では、このような気持ちが一時的でなく一日中ほぼ毎日長期間続き、気分または興味・喜びが喪失されます。

睡眠障害、疲労感・倦怠感、食欲の減退、動悸・息苦しさ・のどが渇くなど、さまざまな症状があります。また、頭や肩、腰などの「重みや痛み」がうつ病にともなうこともあります。

発生要因

うつ病は、ストレスが大きく関係し脳の働きに何らかの問題が起き発症するといわれていますが、はっきりとはよくわかっていないのが現状です。発症のきっかけは様々でその人自身の物事に対する考え方や生活習慣、日常生活において発症したストレスが複雑に絡み合って引き起こされるものと考えられています。中には昇進や結婚、出産などのどちらかといえば明るいことがストレスとなり発症のきっかけになる場合があります。

適応障害

具体的な症状

ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状があらわれます。

憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。また、無断欠勤や無謀な運転、飲酒、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。

うつ病と違、うつ状態の最中でも楽しいことがあると楽しめたりするのが特徴です。

発生要因

ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると症状は自然と回復します。しかし、ストレスの原因となっていることから離れられなかったり、取り除けない状況では、症状が慢性化することがあります。そういった場合は、カウンセリングなどでストレス化にある状況に適応する力をつけることが、有効や治療法になったりします。

双極性障害

具体的な症状

双極性障害は躁(そう)うつ病と呼ばれていた、メンタル疾患の中でも気分障害と分類されている疾患のひとつです。「うつ病」はうつ状態だけが起こる病気ですが、このうつ状態に加え、うつ状態と対極な状態である躁(そう)状態があらわれます。躁状態では度を越して気分が高まり、いろいろな考えが浮かぶ、眠らなくても平気、自分が偉くなったような気になったような感覚に陥ります。また、怒りっぽくなったり、金遣いが荒くなる、すぐに注意がそれるなど周囲を困らせたりする様々な問題が出てきます。双極性障害は、この躁状態とうつ状態を繰り返す慢性的な病気です。

発生要因

発生する要因はさまざまあり、なりやすい体質が遺伝することもありますが、ストレスなどの環境にも大きく影響されます。双極性障害の6~7割は、うつ状態から発症するといわれていますが、詳細な原因は解明されていないのが現状です。

双極性障害の種類

双極性障害は、躁状態の程度によってⅠ型、Ⅱ型の2つに分類されます。

Ⅱ型の躁状態は、自分では何でも出来るような感覚になり、眠らなくても平気になったりして普段より調子が良いような感覚におちいります。はたから見ていても明らかに気分が高揚しているように見えますが、本人も周囲の人もそれほどは困らなかったりします。

一方、入院が必要になるほど躁状態が激しくなるとⅠ型に分類されます。

うつ病と双極性障害の境目

うつ状態はときは「うつ病」のうつ状態とほぼ区別がつきません。気分が高揚する躁状態は本人は病気による症状だと思わないため、このときに自ら受診することはほとんどありません。

このため、双極性障害であっても初診の多くでは「うつ病」と診断されます。うつ病の治療を続けても良くならなかったり、抗うつ薬を使っているうちに躁状態が現れ双極性障害と判明することもあります。

服薬で注意するべきこと

うつ病や双極性障害は服薬による治療が中心になり、それぞれで使用される種類は異なるので注意が必要です。うつ病では抗うつ薬が使用されるのが一般的です。

一方、双極性障害では抗うつ薬は躁状態を引き起こすことがあるため、使わないのが原則です。うつ状態と躁状態のバランスをコントロールが必要なため、気分安定薬を中心に抗精神病薬を使うことが一般的です。

このため、うつ病と診断されてもなかなか病気が回復に向かわない場合は、双極性障害の可能性を考えてみることが必要となります。

まとめ

「うつ病」というメンタル疾患はだいぶん認知されてきましたが、詳しくはよくわからないという方が大半だと思います。また、過去の精神病というイメージが残っている人はまだまだ多く、誤解されがちな側面を持ち合わせています。

誰しもが、日々の生活の中でストレスを受け、つらく沈むことはよくあることです。しかし、うつ病や双極性障害などの精神疾患ではその度合いを越しており、自分ではどうすることもできない状態になることがほとんどです。

私自身うつ病になった経験がありますが、食欲の低下やすべての欲求がなくなり生命力が乏しいという感覚でした。治療を続けていくうちに、食欲が戻ってきたときにようやく体が治ってきたなということが実感できました。

病気を治す第一歩は、本人と家族が病気の正しい知識を身につけて受け入れることから始まります。うつ病、双極性障害、適応障害は必ず治る病気です。本人も病気にかかったことをすぐには受け入れられず、悩み落ち込みます。そうしたとき、支えることが出来るのは家族の存在です。

手遅れになり後悔しないためにも、前向きに早期に治療をスタートさせることが大切だと思います。

タイトルとURLをコピーしました