【こどもを本好きにする方法】好きな本を好きなだけ読ませてあげる

子育て
子育て

こどもを本好きにする方法は、

「好きな本を好きなだけ読ませてあげる」

ことです。

人間の子供は未成熟で生まれてくるため、早くひとりで生きのびられるよう本能的に必要なことを一生懸命覚えようとします。このため、本質的に子供は本好きでいろいろなことを知りたがります。そして、知ることは子供にとって楽しい遊びでもあります。小さな子供はよく見てよく覚えよく考え、そして知らないことを知ると目が輝きます。

本嫌いな子供は好きじゃない本ばかりを読まされてしまい、嫌気がさしてるだけなのです。

「好きな本を好きなだけ読ませてあげる」ことは、とても簡単なことのように思います。しかし、意外と親の考えや思いを押しつけてしまい、知らず知らずのうちにこどもに好きな本を読ませなくしていたりします。それでは、 「好きな本を好きなだけ読ませてあげる」ためのコツについていくつか紹介していきたいと思います。

赤ちゃん~小学校まで

こどものそばに本を置いておく

本はいつから読んであげたらいいのか悩んでしましますが、こどもが本に興味を示したらいつでもOKです。そのためにもこどものそばに本があることがとても大事になります。そばに置いておく本は絵本など目でみて興味を引く本が良いですが、別に大人が読むような雑誌でも良いと思います。ただし、こどもが小さかったりすると、噛んだりしてボロボロになってしまったり、かじって食べてしまうかもしれないため、大事な本は遠ざけた方が良いでしょう。大事なことは本に対して興味を持つ習慣をつくってあげることです。

図書館に連れていく

それでもどんな本をそばに置いてあげた方が良いか迷うことになると思います。こどもは自分が読みたい本を赤ちゃんの頃から知っています。親があれこれ悩むより、図書館に連れていってあげましょう。あとはこどもが勝手に本を引っ張り出してきますので、その本を読んであげれば大丈夫です。図書館は多くの本がありますので、その中から本を選ぶという行為はとても楽しい行為です。こうした行為を含めて、こどもにとって本は楽しいものなのだということをインプットさせることが出来ます。

本は全部読まなくても大丈夫

赤ちゃんの本はすべて読む必要はないので、好きなところを好きなように読んであげたら大丈夫です。そして、無理に“本を読む“ことを教えようとせず、本を使ってその時間を楽しむようにしてあげましょう。

もう一度読んでがはじまったら

1歳半~3歳ころになると同じ本を何度も繰り返し読まされます。これは、大人にとって好きな音楽を何度も聞くように、こどもは好きなお話の場面を楽しみます。大人は「また~..!?」と疲れてしまいますが、こどもが満足するまで読んであげるしか方法はありません。

この行為はこどものゴッコ遊びと同じで、自分の中の世界を思い描きそれを楽しみます。これらは、こどもの自己肯定感や想像力を育んであげるにはとても大事な行為になります。そして、これらを満足するまで行ってあげさせることでこどもは気持ち的に満たされ良い状態になります。大人にとっては毎日付き合わされて嫌気がさしてしまうかもしれませんが、あきらめてつきあってあげるしかありません。

小学校に入る前

3歳を過ぎると複雑な話が理解できるようになります。本の好みもはっきり出てきます。それまでも好みはありましたがよりはっきり主張してくるようになります。

好き嫌いは成長のあかしですので、本人が好き面白いと思う本を読ませてあげましょう。

乱読をさせる

本人が読みたいと思う本を選ばせてあげることが大事になりますが、失敗させてあげることも大事になります。こどもがへんな本を選んできても、嫌な顔せず付き合ってあげましょう。

そこで、面白ければ親子で喜び、面白くなかったら一緒に残念がってあげることが大事になります。

小学生~中学生まで

小学1年生~3年生

まだまだお話を聞く住人です。小学生になったんだからと言わず、好きな本を読んであげましょう。個人差はありますが、2年生ぐらいから徐々に読める本のジャンルが増えてきます。

このころからなぞなぞや迷路をしたがるようになりますので、雑学本などを使ったりしてあげて知識の幅を広げさせてあげましょう。

小学校4年生~6年生

サンタクロースはいないということを理解するように、徐々に大人の脳に変わっていきます。そして5年生に意識が上の年代を向くようになり、大人の本を読めるようになります。そうして、どんどんと大人の本が読めるようになって来ます。

本には2種類ある

本には「空想系」と「リアル系」の2種類の本があります。空想系は、昔話、物語などの誰かがつくったお話です。リアル系は、乗り物や恐竜などこの世界に本当にある話です。

どちらの本が良いというわけはなく、どちらの本をよく読むかは単純にこどもの好みの問題です。サンタクロースが本当にいると思っているあいだは、こどもにとっては空想系の本もすべてリアル系の本になります。

中学生以降

親に言われて読むようではまずい年頃です。すでに親の言うことを素直に聞く年頃ではありませんので、無理に本を読めというのはあきらめましょう。

本を好きなままでいたら、勝手に自分で選んで読んでいるはずです。

ここで大事なことは、こどもが読んでいる本を勝手に読まないことです。こどもが読んでいる本に興味があれば、自分で借りてきて読むようにしましょう。

もちろん、こどもとコミュニケーションをとり借りて読むのはOKです。こどもはすでにひとりの大人、ひとりの読書家ということを忘れてはいけないということです。

まとめ

こどもは愛されたり抱きしめられたりするのと同じように知的好奇心を満たされるととても幸せを感じます。本を読んであげたこどもは幸せになります。本との接し方は人それぞれになるため無理に読ませるものではなく、楽しいものということを感じることが一番大切なことになります。

本を好きなままでいたら、自然と本を手にとっているようになると思います。

本内容は下記の書籍を参考にさせていただています。

著書:赤木かん子

書名:子供を本嫌いにしない本

タイトルとURLをコピーしました